アジア最大規模のカジノカンファレンス「G2E Asia 2017」(カジノ見本市)が5月16日~18日の3日間マカオで開催!来場者数は1万2000人を見込む規模の内容とは!?

エンタメ・芸能

アジア最大規模のカジノカンファレンス「G2E Asia 2017」(カジノ見本市)が5月16日~18日の3日間マカオで開催!来場者数は1万2000人を見込む規模の内容とは!?

マカオにて開催される「G2E Asia 2017」

「G2E Asia」とは、
アジア最大規模のカジノカンファレンス、
つまり「カジノ見本市」のことです。



2007年にスタートした「G2E Asia」は、
今回で11回目を数えるイベントで、
アメリカゲーミング協会と国際展示会大手
リード・エグジビションズの共催で
開催されています。



今年の出展社数は過去最高となる180件
(うち50は新規出展)、
来場者数は1万2000人を見込んでいる
とのことですから、


世界中のカジノ関係者が注目する
ビッグイベントと言っていいでしょう。



「G2E Asia」は、2017年3月に開催された
「iGaming」とは異なり、ランドカジノが
メインのイベントですが、
オンラインカジノの大手企業も
多数参加予定です。

G2E Asia 2017

例えば、


Asia Gaming (ライブゲームメーカー)

Betsoft Gaming (スロットメーカー)

Every Matrix (カジノプラットフォームメーカー)

First Cagayan Leisure & Resort Corporation
(フィリピンライセンス機関)

HABANERO (スロットメーカー)

Microgaming
(カジノプラットフォームとゲームメーカー)

Play'n GO Networks N.V. (スロットメーカー)

PRAGMATIC PLAY (スロットメーカー)


などなど。


「G2E Asia 2017」に限らず、
カジノカンファレンスにて、



“新作ゲームや新サービス”



を発表する企業は多いので、
各社がどんなアクションを起こすのか注目です。


また、日本からも、


・Aruze Gaming Macau Limited(アルゼ)

・Konami Australia Pty Ltd(コナミ)


などが「G2E Asia」に参加します。

「カジノ後進国」とされる日本ですが、
大手企業は着々と “その日” に向けて
準備を進めているようです。


「G2E Asia 2017」における日本企業の
動向にも注目しましょう。


新作ゲームや新サービスは、
既存のゲームに飽き気味のプレイヤーに
注目されやすいジャンルです。



各企業がどんな発表をするのか? 



注目です。





G2E Asia

※動画は昨年の様子(音が出るので注!)



















1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事