「ぼうず丸儲け!」に代表される江戸時代から連綿と続く仏教寺院の旧態依然とした檀家制度に対して、「檀家(だんか)制度廃止」を実行した見性院の橋本英樹住職の収入が4倍に膨れ上がった!

冠婚葬祭

「ぼうず丸儲け!」に代表される江戸時代から連綿と続く仏教寺院の旧態依然とした檀家制度に対して、「檀家(だんか)制度廃止」を実行した見性院の橋本英樹住職の収入が4倍に膨れ上がった!




「ぼうず丸もうけ」のカラクリ

ぼうず丸儲け!で堕落する坊さんは、昔も今も変わらない!

仏教寺院といえば、税金がかからない!


「ぼうず丸儲け!」


という特別にえこひいきされたイメージを
少なからずもっていました。


そして、坊さんの中には、高級車を乗り回し、
キャバクラ通いしたり、ギャンブルさえする
罰当たりも少なくありません。


そんな「負」のイメージが頭から離れないのは、
私だけでしょうか?


実は、お寺の現役住職でさえ、
同じような考えを持つ方がいました。


埼玉県熊谷市にある曹洞宗の古刹(こさつ)
・見性院(けんしょういん)の橋本英樹(えいじゅ)
住職(51)がそうです。


「檀家(だんか)制度廃止」という、
江戸時代から連綿と続く仏教のスタイルに一石を投じた、
古刹の僧侶が橋本英樹住職です。


まわりのお寺からは“裏切り者”のレッテルを
貼られながらも、改革に驀進中。


そして遂に、檀家制度を廃止してからは、
周囲の反対をよそに、逆に収入が4倍に膨れ上がった。


昨今は、葬儀も家族葬などの個人で行う葬儀が、
多くなっていることもあり、檀家制度自体が、
有名無実化しているのも後押ししている。

金額が寺院や僧侶によってまちまちで、
ピンからキリというのもいかがなものか。


そういうことがまかり通っていたことが、
新しい世代には受け入れがたいと考えます。





檀家(だんか)制度廃止




お坊さんが明かす あなたの町からお寺が消える理由

日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

「檀家(だんか)制度廃止」という、江戸時代から連綿と続く仏教のスタイルに一石を投じた、古刹の僧侶がいる。“裏切り者”のレッテルを貼られながらも、改革に驀進中だ。

*  *  *
 地方を中心に集落の高齢化や過疎化、地域共同体の希薄化で、江戸時代から400年近く続く檀家制度が、揺らいでいる。そんな時代に、「改革」に名乗りを上げた僧侶がいる。埼玉県熊谷市にある曹洞宗の古刹(こさつ)・見性院(けんしょういん)の橋本英樹(えいじゅ)住職(51)だ。

「今の資本主義経済の自由競争の中で、お寺だけ時間が止まり、僧侶も堕落していました」

 穏やかな口調で、橋本住職は語る。

 見性院は400年以上の歴史を持ち、橋本住職は23代目に当たる。駒澤大学大学院を修了し、曹洞宗の大本山・永平寺で3年間修行。25歳の時に見性院の副住職になった。しかし月収は10万円。とても生活できないので、葬儀に僧侶を仲介する10近くの派遣業者に登録しアルバイトに明け暮れた。

 一方、バブル期、寺が所有する土地は高騰し、お布施の相場もグンと上がった。高級車を乗り回しギャンブルや酒色に溺れる僧侶も目にした。仏教はこれでいいのか──。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp














「ぼうず丸もうけ」のカラクリ

橋本英樹住職
見性院




お坊さんが明かす あなたの町からお寺が消える理由









1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事