「ユニクロ オーダースーツ」って大丈夫?なんだか安っぽい感じがするなんて思ってませんか?実際は「紳士服業界に激震が走る!?」ほどのクォリティーとコスパにびっくり!

話題の商品

「ユニクロ オーダースーツ」って大丈夫?なんだか安っぽい感じがするなんて思ってませんか?実際は「紳士服業界に激震が走る!?」ほどのクォリティーとコスパにびっくり!

実はセミオーダーではなく「つくり置き」だった?

ユニクロでセミオーダーサービスがスタートし話題となっています。「身幅」「着丈」「袖丈」が選べて、カラーバリエーションまで合わせれば全2112通りの組み合わせが可能に。値段はジャケット単体なら14900円(+税)とかなり格安なのですが、素材は百貨店の高級スーツなどでも見られる「Super110’sウール」を採用。ニュースサイトでも「紳士服業界に激震が走る!?」と報じられています。

……しかしユニクロとはいえ、何事もやってみなければわかりません。「セミオーダースーツやってます」と謳いながらもオーダー時のアドバイスがイマイチで、なんだか妙なスーツができあがっちゃった、なんて例も枚挙に暇がありません。ここはひとつ自腹で「ユニクロでセミオーダースーツ」をつくってみたので徹底報告&解説しちゃいます。

……まず、店舗にきて私は勘違いをしていたことに気づきました。

 ユニクロのセミオーダーは「受注生産式」ではなく、「作り置きしてあるもののなかから選ぶ」という形式。少し説明しにくいのですが、セミオーダーは顧客の身幅着丈袖丈などを採寸しそれに合わせて生産する「受注生産式」が一般的です。しかし、ユニクロの場合は身幅・着丈のサイズを、レギュラーフィット32パターン、スリムフィット32パターンの全64パターンをすでに商品として作り置いてあります。そしてそれらのパターンから「袖丈」だけを最後に顧客採寸して合わせるという形式なのです。

出典 http://nikkan-spa.jp

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事